口福料理店”福”の管理人が探る幸せになるための技術!
フィラデルフィア・シンフォニーオーケストラ




昨日は3年ぶりのお客さまがいらっしゃいました。

福がオープンしてまもない頃に偶然いらっしゃったデュディさんですが、福のことを憶えていてくれて、宿泊先がANAからオオクラに変わったにも関わらず、わざわざ探してやってきてくれたとのこと。
憶えていてくれたこと、お会いできたこととても感動しました。

実は彼女、フィラデルフィア・シンフォニーオーケストラのチェロ奏者で、始めていらっしゃったのはサントリーホールでのコンサートの帰りでした。

何と今回は”哀愁のマフィア・ソプラノズ”のトニー・ソプラノさんを連れてきてくれました(笑)。

写真右から、ジュディさん、ケリーさん、そしてウイリアムさんで、ケリーさんはチェロ、そしてソプラノにそっくりのウイリアムさんはバイオリン奏者だそうです。

出逢いの幸せを実感した一夜に感謝!


2008年05月27日(火) 09:40
自分が旬であること



福の3周年感謝ウィークも昨日で4日目。おかげ様でたくさんの方々にご来店ていただきました。

写真右のすこし怖い(笑)、もとい、貫録が滲み出ている方が写真家の福田文男さんです。昨夜は御親戚の婚礼の帰りに寄り道していただきました。福田さんは能や狂言、そして人形芝居といった伝統文化を作品として撮りつづけていらっしゃる写真家です。

で早速、幸福の秘密インタビュー。

「福田さんが幸福であるための秘密はなんですか?」

「そうだねぇ、年によって変わるけどここ1年はねぇ、、、」
「自分が旬であること。そう、自分が旬であることが周りの人を幸福にすることにつながるんだと感じてるんですよ」


なるほど、自分が旬であるということは、いつも光り輝いている最高の自分の状態で皆とコミュニケートするということですから、周囲の人にも”気”が伝わり、そのエネルギーと共振することでみんなが生き生きと光り輝いてきますね。

桜と同じく人間だれしも一度は旬になるわけです。では旬であり続けるとはどういうことなんでしょうか? 推測になりますが、もちろん人間の生命体としての旬は一度限りのことかもしれないけれど、生きているそのプロセスの中で、今を最高に輝くことにすることを”旬であれ”とおっしゃっているのではないかと思います。


オリジナリティあふれる素晴らしい秘密をありがとうございました。福の幸福の名言集にいれさせていただきまーす。




2008年04月11日(金) 15:39
本日のゲストは? 佐々木勝俊さんでした。
昨日は5時の開店時から混み始めましたが、22時には一段落の一夜でした。夜も深まってきたあたりに佐々木勝俊さんがひさしぶりにいらっしゃいました。佐々木さんのお仕事は放送作家で「イカ天」という流行語は佐々木さんによるネーミングでした。景山民夫に師事し、青島幸男の末っ子弟子としても知られています。

あらたまめてご職業をうかがったところ”放送雑家”とおっしゃいました。




さて、佐々木さんの幸せは?
「自分が良いと思っていることを伝えられる人と出会った時に幸せを感じるんですよ。だから、幸せの秘訣はそういう人との出会いをつくることですね」

「なるほど〜」
なんだか久しぶりに腑に落ちるお話でとても感動してしまいました。確かにそうですね。自分を理解してくれる人がいるということは素晴らしいことですし、自分の存在する役割や意味を実感できるということですよね。

佐々木さん。素敵なコメントありがとうございました!

2008年02月22日(金) 16:19
屋敷豪太さん



世界のダンスミュージックシーンを席捲したSoul II Soul『Back To Life』(89年)や、1300万枚を売り上げたSimply Red『Stars』(91年)などに参加し、世界的名声を確立したドラマー/プロデューサーの屋敷豪太さんがいらっしゃいました。車だったため、お酒は飲まれませんでしたが料理が”とてもおいしい”といっていただけました。自画自賛ごめんなさい。

早速、幸せの秘密をうかがいました。
「まずは、音楽をやっていて本当に良かったと思います。素晴らしい人や、こといろんなことととの出逢いを暮れた音楽に感謝しています。それと、許すことですね。仕事をしていると色んないやなことがおこりますが、そこを我慢して、許すことが大切だと思っています。」

屋敷さん、コメントありがとうございました。
2008年02月12日(火) 14:25
ベストカップル!
先日、川井拓也ご夫妻がいらっしゃいました。川井さんのご職業はIT関係の企画、編集を中心とする”ヒマナイヌ”という面白い名前の会社の代表をされています。まだユビキタスマン川井と自称されていることから存じておりますが、御結婚されてからは始めてお会いしました。




小さな驚きがありました。このお二人、こちらがうらやましくなるぐらい、実に仲が良いのです。本当に深い信頼で結ばれているのがわかり、こちらも温かい気持ちになります。大きな幸せが伝染してきます。

”仲よきことは美しきかな”と武者小路実篤がこの句を読んだ時もたぶんこんな場面にであったときなのでしょうか?

そこでインタビュー。
「幸せの秘訣はなんですか?」
川井さん「Sense of Humor. 笑い」ですね
かおり奥様「日常の機微を見逃さず、その日あったちいさな出来事を楽しむこと」ですね。


素敵な答えありがとうございます。

末長く、お幸せに!

2008年01月30日(水) 08:56
内藤忠行さん



なかなか気付いていただきづらいかもしれませんが、福の壁面ギャラリーにあるのは日本写真界の巨匠、内藤忠行さん自らが季節ごとにキュレートしてくださっている写真でした。”桜”からはじまり、”ブルーロータス”そして現在は”庭”が展示されていますのでお越しの折りにぜひ御鑑賞ください。

さて、その内藤さんの展覧会が六本木は未来画廊で1月7日昨日から開催されています。わたしも行ってお祝いしたいところですが、今日は福の営業日。と、そこへ、”おなかすいたよお”とプロデューサーの日夏さんと八代さんと御一緒に内藤さん登場!真ん中が内藤さんです。

そうこうしているうちに、プロデューサーの日夏さんに会場から電話が。「200万の作品が一枚売れました!」

で、カンパーイ!という幸福の一夜で福の今年の営業は開始しました。

お時間のある方は是非未来画廊へどうぞ。

内藤さんのオフィシャルページへもぜひどうぞ!








2008年01月08日(火) 10:11
ロンドンからのお客さま



今日の”福人”は久々にロンドンからいらっしゃったドミニク・スミスさんです。
ドミニクさんのお仕事は音楽プロデューサーです。昔はニンジャチューンのメンバーでしたが、最近自分の音楽マネージメント会社を設立し頑張ってらっしゃいます。所属アーティストは"CINEMATIC ORCHESTRA"シネマティックオーケストラをはじめいろいろなアーティストたちだそうで、とびきり活きのいいアーティストをプロデュース中だということです。楽しみです。

さてドミニクさんにうかがいました。 What is your secret of happiness?

"Have faith in life"

つたなく訳すと”人生誠実!”ってところでしょうか。ニュアンスとしては誠実に生きるって感じかな。

ドミニクさん!ありがとうございました。


本日の口福料理:牛肉のごぼう巻き






2007年12月27日(木) 14:12
クリスマスナイト
昨日はクリスマス本番。なんだか街もにぎやかでした。
竹田さんが初めてのお客さまを2人連れてこられました。竹田さんとはテニス友達で、コート上でも楽しく遊んでいただいています。
そこで一言いただきました。

竹田さん、幸福の秘密は?
「そらやっぱりボランディアですよ。人が喜ぶのみると嬉しいよね。そう、奉仕の精神かな」





おつれのお二人にもうかがいました。
三輪さん、幸福の秘密は?
「おいしい食事と家庭円満!これにつきますね」

笹井さん、幸福の秘密は?
「うーん。幸福は他人から与えられるものではなくて、自分が人を幸せにできるかどうか。これが大切ですね。」

みなさん。コメントありがとうございました。




今日の口福:福特製牡蛎フライ。
お酢と沖縄の天然塩でどうぞ!


2007年12月26日(水) 12:06
幸せの王道
「万人に非難されても、自分の納得が行く人生を歩むことこそ幸せの道を築く王道」
谷村新一

さて、今日の幸福道は谷村(写真右)さんにうかがいました。




谷村さんは”フードアナリスト”だそうで、私はその存在さえ知りませんでしたがなにやら面白そうなご職業です。さっそく、日本フードアナリスト協会でその定義を調べました。

「食・食空間を評価・分析する専門家。利用者の立場で実際に飲食サービスを受け、フードアナリストチェック項目に基づいて「フードアナリストレポート」を作成します。料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価して「1つ星」から最高で「5つ星」までの格付けをする専門家です。」

なるほど。ミシュランの調査員みたいなお仕事ができるのですね。
福も星は入らないので調査員ぐらいきてくれないかしら。

谷村さん。素敵な幸福道ありがとうございました。

口福の店 福


2007年12月13日(木) 11:18
シローさん登場!



久しぶりに山本士朗さんがいらっしゃいました。山本さんは代官山にあるとてもユニークな複合施設"UNIT"のオーナーです。地下一階がカフェ&バー”ユナイス”、そして地下2階がキャパ500人程のライブハウス”ユニット”、地下3Fは、その昔、そうですね、私が20代の頃栄えた夜光虫という水族館のようなバーがあったところを改造してバーにしています。代官山におこしの際は是非一度行かれると面白いと思います。

UNITへはこちらから

さて早速、シローさんに幸せになる方法をうかがいました。

「人から見ると変に思えるかもしれませんが、実は自分で作った神棚に毎朝お祈りをしているんですよ。」と山本さん。

(私)どんなことをお祈りするんですか?

「まず、お水とお米をお供えして、目をつぶり、自分の周りにいる大切な人たちの顔を一人一人思い浮かべて、その人が”幸せになりますように”と願をかけるんです」

(私)すごいですね。例えばどんな方々ですか?

「まず、家族や親、そして友だち、ビジネスパートナー、本当にこの人に幸せになって欲しいと思っている好きな人たちです。最近、どんどん大切と思える人たちの人数が増えてきて、朝のお祈りの時間が長くなってきてるんですよ。(笑い)別に特定の宗教というわけではなく、自分でいった神社のお札とか、人からもらったお守りとか、そんなものを祭っています・・・」

自分でもまねしたくなるような儀式で、とても面白いですね。自分の幸せを祈るのではなく、自分の大切な人の幸せを祈る。簡単そうで、難しい、でもとても腑に落ちるお話だと思いました。皆さんもためしてみたらいかがでしょう。

来ると幸せになるお店 福


2007年12月06日(木) 10:14
廻りの笑顔は自分の笑顔
先日ご紹介した福のデザイナー、三村さんから「幸せになる秘訣は?」の答えをいただいたのでご紹介します。

以下三村さんからのメールを抜粋 ーーーーーーー
まぁ私の心がけとしては
「廻りの笑顔は自分の笑顔」ってことでしょうか?
幸せのリインカーネーションって感じ?(笑)

あとはなんでもポジティブに考えるってこと?
否定形ではなく肯定形で。
例えば、やせるために「カロリーの高いものを食べない」ではなく
「カロリーの低いものを食べる」って感じ?(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は自分のためよりも他人が嬉しそうで笑ってくれていることに、より深い喜びを感じる動物だと、わたしも思います。

2007年11月28日(水) 16:32
今日は女二人でゆっくり話そう!



広告代理店の女性プロデューサー、岩谷香さんがいらっしゃいました。今日は女性二人でなにやら積もる話があるそうです。岩谷さんはとても優秀なプランナー兼、プロデューサーでいつも、いろんな方々といらっしゃいます。お話の合間にインタビュー。
私「幸せになるための秘密は?」
岩谷さん「うーーん。それは絶対、自分に素直になることですよ」。
なるほど、たしかに、自分に素直だということはストレスもたまらない、そして、本当にやりたいことも見つかるし、それをやり続けることで幸せになれますね。と私。

一緒にいらっしゃった、吉村律子さんにも同じ質問をぶつけました。
「・・・・・、他人に依存することですね」。なんとも、意味深なお言葉でしたが、理由を聞いてみて納得。「私は、困った時に他の方々に拾って、いや救っていただくことが多かったんです。そういった関係を大切にするというか・・・」




今日はよい、方法をいただきありがとうございました。

2007年11月27日(火) 11:37
福のデザイナー




昨日は建築家の三村大介さんが友人と登場。なかなかのセンスのアイデアマンで、この店も実は彼のデザイン。会社名はmaro planning 。実は、先日『たけしの誰でもピカソ』に出演されたそうな。詳細は三村サンチのホームページを見てね。

昨日は御自身のブログを創る話題で盛り上がりました。テーマはいろいろでてましたけど"LOVE DESIGN"あたりがで決まりだそうですね。ほんの企画もでてました。ブログをやることでどんなメリットがうまれてくるか、ブログをやることで人がどう変われるかをテーマにしたら面白いというもの。動展開していくか、こちらも楽しみですね。このブログでも追いかけていきたいと思います。

写真の料理は”青身だいこんのみそ添え”です。

2007年11月20日(火) 16:44

 | HOME | 

Copyright(C)2017 幸福道 Allrights reserved.
Designed by たじ. 福岡で出会う