口福料理店”福”の管理人が探る幸せになるための技術!
旬の筍 でまってます。
京都は長岡京からの筍が旬でーす。

今から10年ほど前に京都の親戚から送ってもらい、病みつきになって以来毎年送っていただいてます。

連絡遅れて申し訳ございません!旬ももうすぐ終わりですのでお早めにお越しください。

お勧めは生のお刺し身と焼き筍。 香ばしさがたまりません。仕上げの竹の子ご飯も美味!




店主
2008年04月28日(月) 18:27
自分でも何かのお役に立つのだ
「自分でも何かのお役に立つのだ。このことは喜びである。
この喜びは自分の一生が無意味でないことを示している。
このことを幸福に感じるのである。」

武者小路実篤


この幸福の名言シリーズの中で、多くの方々の言葉に共通するのがこの”何かの役に立つことで、自分の生に意味を感じる”ということです。いいかえると、自分の居場所を見つけるという事だと思います。社会の中で自分の居場所=人に役に立てることがあれば、人は幸せを感じるようです。


以下おまけ。武者小路実篤が創ろうとした共同体”新しき村”の創造のために作った家訓です。特に1箇条目の”自我を完全に成長させることを理想とする”のくだりは好きです。


新しき村の精神
一、全世界の人間が天命を全うし各個人の内にすむ自我を完全に成長させることを理想とする。
一、その為に、自己を生かす為に他人の自我を害してはいけない。
一、その為に自己を正しく生かすようにする。自分の快楽、幸福、自由の為に他人の天命と正しき要求を害してはいけない。
一、全世界の人間が我等と同一の精神をもち、同一の生活方法をとる事で全世界の人間が同じく義務を果たせ、自由を楽しみ正しく生きられ、天命(個性もふくむ)を全うする道を歩くように心がける。
一、かくの如き生活をしようとするもの、かくの如き生活の可能を信じ全世界の人が實行する事を祈るもの、又は切に望むもの、それは新しき村の会員である、我等の兄弟姉妹である。
一、されば我等は国と国との争い、階級と階級との争いをせずに、正しき生活にすべての人が入る事で、入ろうとすることで、それ等の人が本当に協力する事で、我等の欲する世界が来ることを信じ、又その為に骨折るものである。


ソース:ウイキペディア
2008年04月24日(木) 09:48
他人の利益を一番に考える
「あなたが他人の利益を一番に考えて自分の時間や心をささげているなら安心してよい」

バックミンスター・フラー


この境地は超凡人のわたしには、出家でもしない限りなかなか到達できない遠いところにあるような気がします。

でも、意味として理解はできるので、具体的にはどうしたらいいか考えてみたいと思います。
2008年04月23日(水) 15:08
過去を思い悩まない
「幸せの第一の条件は、過去についていつまでも思い悩まないことだ。」
     
 アンドレ・モーロア(仏、小説家)


ごくありふれた、使い古されたことかもしれませんが、じっくりと触れるとこころにしみます。わたしたちの苦しみの原点はやはり、変えられない過去をいつまでも思い悩むことだと思います。

しんみり、、、

だから、元気回復のためには今できることだけを考えることが大切ですね!

2008年04月22日(火) 11:32
英語メニュー
最近、全日空ホテルさんからの紹介で外国人の方が良くいらっしゃるようになりました。そういうわけで、今日は福の英語メニューを作りました。これで外国人のお客さまをお連れいただいてもOKです。イェーイ!



以下英語メニュー案です。

Fuku Food Menu

Main dishes

Shao mai Fuku Style : ChineseRaviolis a la vapeur 560 yen

Dried overnight broiled Sardine from Mikawa bay 630yen

Broil Silver salmon with salt 680yen

TukuneÅFminced pork meat yakitori style with soft-boiled egg
680 yen

Grilled chicken with rosemary flavor 960 yen

Jamaican Jerk Chicken Fuku Style (Very Hot and Spicy) 960 yen

Pork Cutlet Milanese Japanese style 960 yen

Italian Sausage 1.260 yen

Chazuke : Rice with hot Japanese tea poured on it with pickls
630 yen
2008年04月21日(月) 23:04
イェーガーマイスター冷えてます!
アニス、ミントなど56種のハーブやスパイスが主原料。鹿の血やアヘンが入っているとの噂もありましたが当然そのようなものは含まれていないはずです。消化にいいとされ、ドイツでは医薬品のように使われることもあるといいます。


お勧めは食後酒かな? あるいは二日酔いとか胃がつかれている時に食前にどうぞ。慣れると癖になる美味しさ!


セイコママついに登場!








2008年04月17日(木) 13:44
人の不幸は蜜の味
「われわれは親友の不幸のなかに、 なんとなしにいやではない、あるものをつねに感じる。」

 ラ・ロシュフコー :フランスの貴族、モラリスト文学者。

この言葉を読んでドキッ!とした人は手を上げてください。当然わたしもその中の1人です。そのあるものとは、「人の不幸は蜜の味」といわれる感覚と同じものなのでしょう。

くわばらくわばら。

人を妬んだり、怒ったりすると循環器系の病気が増えて、寿命が縮むのは目に見えていますね。

しかし、多くの人がそう感じるということは、人間は本能的にそう感じるようにプログラムされているのかもしれませんね。たぶん、過去のどの時代の何かの生命のプロセスにおいて必要だった感覚なのでしょう。


おまけに、ラ・ロシュフコーの言葉をもうひとつ。

「運も健康と同じように管理する必要がある。
 好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、
 そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである」
2008年04月16日(水) 13:44
活き活き桜エビの生姜醤油あえ
ぴゃー、こりゃあたまんない!





新鮮な桜エビちゃんが口の中でプリプリと弾けてトロトロって溶けていきます。やっぱり旬が一番オイシイですね。

まだ少し寒いので”ママ自然酒熱燗ね!”




2008年04月15日(火) 16:18
自分が旬であること



福の3周年感謝ウィークも昨日で4日目。おかげ様でたくさんの方々にご来店ていただきました。

写真右のすこし怖い(笑)、もとい、貫録が滲み出ている方が写真家の福田文男さんです。昨夜は御親戚の婚礼の帰りに寄り道していただきました。福田さんは能や狂言、そして人形芝居といった伝統文化を作品として撮りつづけていらっしゃる写真家です。

で早速、幸福の秘密インタビュー。

「福田さんが幸福であるための秘密はなんですか?」

「そうだねぇ、年によって変わるけどここ1年はねぇ、、、」
「自分が旬であること。そう、自分が旬であることが周りの人を幸福にすることにつながるんだと感じてるんですよ」


なるほど、自分が旬であるということは、いつも光り輝いている最高の自分の状態で皆とコミュニケートするということですから、周囲の人にも”気”が伝わり、そのエネルギーと共振することでみんなが生き生きと光り輝いてきますね。

桜と同じく人間だれしも一度は旬になるわけです。では旬であり続けるとはどういうことなんでしょうか? 推測になりますが、もちろん人間の生命体としての旬は一度限りのことかもしれないけれど、生きているそのプロセスの中で、今を最高に輝くことにすることを”旬であれ”とおっしゃっているのではないかと思います。


オリジナリティあふれる素晴らしい秘密をありがとうございました。福の幸福の名言集にいれさせていただきまーす。




2008年04月11日(金) 15:39
お坊さんの幸福弁当


でるでると聞いてましたが、噂は本当でしたよ、お坊さんの出張お弁当屋さん。

ランチしに代官山へ。駅をでたすぐのローソンのはす向かいの、みずほ銀行ATMの近くにお坊さんがスパーカブをとめて、なにやら店開きの準備。どんな弁当なんだろ、いやぁ、買いたいなあ、でも今からランチだしなあ。で、結局観察にとどまりました。

聞くところによるとそのおいしさとヘルシーさが口コミで広まり常に時間帯によっては数人の行列が出来ているそうだ。サイズが大と中があり、大は1250円。

僧侶の名は三帰天海(みきてんかい)さん。この方、ニューヨークのインド系の寺院の厨房やアパレルブランドのベジタリアン社員食堂の専属料理人として勤務したこともあるという僧侶でありながらユニークな経歴の持ち主だそうです。

お坊さん(なぜ?)×精進料理弁当(ヘルシーでうまい!)×出張販売(意外性もたっぷり!)=話題性大



福もヘルシーでおいしいランチを始めたいと思ってます。いましばらくおまちください。
2008年04月11日(金) 14:43
桜の川

















数日前の雨の日に、靖国神社の境内を歩きました。そこには、まるで桜の絨毯が張り巡らされているような美しい光景が拡がっていました。しばらくの間、雨の降っているのも忘れ、その桜の川と戯れる幸福な時間に浸っていました。

3周年感謝ウィーク3日目を向えて、福は昨日も満員御礼。後2日ありますのでぜひご一緒に祝ってください。

2008年04月10日(木) 16:35
愛することと喜びは同じもの
「世の中には喜びの形は何千何万とあるけれども、それはみな、結局のところたった一つ、愛することができるという喜びなのだと。愛することと喜び、この二つは一つ、同じものなのだ。」
 ミヒャエルエンデ

ネバーエンディングストーリーでおなじみのエンデさん。お見事。「愛することと喜び、この二つは一つ、同じもの」と看破しています。このプログのおかげでたくさんの方々の幸福論にふれる機会が多いのですが、その多くが「愛される」より「愛する」という積極的な行動に幸福の秘密があると語っています。その言葉を実感できる時も、もちろんそうでない時もわたしにはあるんですが、直感的にもこれだけは確かなことだと思います。「幸福とは愛すること」。もちろん、それも幸福の一つの要素ですが。

昨日は福3周年記念ウィークの二日目でした。歩いていると傘が逆さまに壊れてしまうほどの嵐日だったにもかかわらず、たくさんの方々にご来店いただきました。

今日を入れて後3日間、美味しいものだしてがんばります!
2008年04月09日(水) 12:46
自分自身を楽しむ
「真の幸福は穏やかなものであり、華美や騒音を忌み嫌う。 真の幸福はまず自分自身を楽しむ所から始まり、次いで、選りすぐったほんの1握り友人との交際から始まる。」
 ジョーゼフ・アデイソン


昨日は”おかげさまで3周年week”の初日でした。雨にも関わらずたくさんの方に入らしていただきました。福も上記の格言を胸に刻み込み、ただ混めば良いというお店ではなく、大切な方々が大切な時間を気持ちよく過ごせるお店にしていきたいと思っています。一人一人の方々とのリアルなコミュニケーションを大切にしていきます。
2008年04月08日(火) 12:40
おかげ様で3周年!
おかげさまで”福”は3周年を向えることができました。ひとえに皆さまのあつーい御愛顧のおかげです。心より御礼もうしあげます。

今日から皆さまへの感謝の一週間がはじまります。外れなしのスピード福引きですので、何が当たるか、楽しみにご来店ください!




2008年04月07日(月) 11:53
ソクラテスの幸せの格言
「幸福になろうとするならば、節制と正義とが自己に備わるように行動しなければならない。」
 ソクラテス

ソクラテスさんはかなりの恐妻家だったそうです。「何が哲学だ!?屁理屈ばかり重ねずに仕事をしろ」と言われるなど、妻には頭が上がらなかったみたい。

そんな中、ソクラテスは結婚について悩んでいる人に向かい、 「結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる」といったそうです。


節制と正義かぁ。なかなか難しいんですよね。

節制(正義もそうですが)というと悪いこと控えることだと考えがちですが、実は良いことでも過ぎると害が生じるので両方のバランスとうまく取ることが大切なのだと思います。健康的な食物でも、大量に摂取するとかえって病気を招きます。良いことを適度に、これが節制の極意ですね。
2008年04月04日(金) 09:39
欲を減らすか、持ち物を増やすか?
「幸福になるには二つの方法がある。欲を減らすか、持ち物を増やすかだ。そのどちらを選んでもよい。」
 フランクリン


真理をついたユーモラスな名言ですね。
しかし。欲も減らないし、持ち物も減らないし、具体的にはどうしたらいいんでしょうね?

欲を減らすにはお坊さんになるのがよさそうですが、持ち物を増やすにはアントレプレナーなるのがよさそうです。

これからの時代はお坊さんでありながら、国、行政、政治の問題とされていた社会的問題に対しビジネスの手法を用いてそれらを解決することを目指すソーシャルベンチャーにチャレンジするアントレプレナーが求められているのかもしれません。

2008年04月02日(水) 14:28
レゲエ焼き
じゃーん!
中毒続出!! 




今日は最近の福のダークホース、いやルーキにしてホープ、レゲエ焼きを紹介します。このチキンスパイシーでとても深いコクがあるのが特徴のホットフードです。

正式名はジャマイカン・ジャーク・チキン!ジャマイカでよく食べられているティピカルなメニューだそうです。

これを日本人の舌に、世界人の舌にあうように十数種類のスパイスをブレンド&カスタマイズしたソースを開発したのが先日ご紹介した”放送雑家”佐々木勝俊さんです。ノーベルフード賞があったら差し上げたいほどの一品ソース。福のために特別にソースを用意していただいています。

作り方は、ソースにしばらく漬け込んで、オーブンでじっくり焼きます。両表面がこんがりしたらできあがり。中はジューシー、外はややカリッとがうまさの秘訣。

本当にうまいし、からいし、癖になるし、女性からも大評判の一品!
まずかったらお代は要りません(辛くてもお代はいただきます:)。

実は、わたし先々週毎日連続5日間たべてました(笑)
でも飽きないし、薬膳なので身体にもバッチグーなんですって。

是非一度お試しください。
2008年04月01日(火) 12:06

 | HOME | 

Copyright(C)2008 幸福道 Allrights reserved.
Designed by たじ. 福岡で出会う