口福料理店”福”の管理人が探る幸せになるための技術!
幸福とは”欲求が満たされること”
福のブログ”幸福道”は幸福ってなあに?をテーマにして色んな格言などを紹介しながら、幸福になるための方法を探っています。


そこで問題になるのが幸福ってなあに?という定義の問題です。これが定まらないと明快にその方法をイメージすることはできませんよね。


ですから今日は仮説として幸福とは”欲求が満たされること”と定義して考えてみることにします。


アメリカの心理学者アブラハム・マズローによれば人間の欲求は次のような階層構造になっているそうです。これを5つの欲求階層論といいます。

  欠乏欲求
1) 生理的欲求(生存本能に基づく欲求)
2) 安全への欲求(危険な目に遭いたくない、安心して生きたいという欲求)
3) 所属と愛の欲求(仲間になりたい、愛されたいという集団帰属の欲求)
4) 承認欲求(仲間に認められたいという認知欲求)
  成長欲求
5) 自己実現の欲求(何かを達成したいという欲求)

マズローはこういってます。
「人間はある階層の欲求が満たされると、1階層上の欲求を志す」。
つまり、下位の欲求が満たされるとより高次の欲求が生まれるということです。

1から5まで欲求の階層はおおまかに納得できます。

問題は5の何かを達成したいという自己実現の欲求が実現したら、次に人間がめざす1階層上の欲求とはなにか?

またそれが達成された時に生まれる欲求はなんでしょうか?

結局、幸福を欲求の満たしととらえると、永遠の迷宮にはまるということなのかもしれません。

つづきはまたいずれ。




2008年06月13日(金) 10:16
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://yukiteru.dtiblog.com/tb.php/142-f1119c32

 | HOME | 

Copyright(C)2017 幸福道 Allrights reserved.
Designed by たじ. 福岡で出会う