口福料理店”福”の管理人が探る幸せになるための技術!
中村天風
「終始一貫、笑顔でとおすようにしてごらん。不運な人、体の弱い人は、ひとしお、笑いに努力するんだ。笑うにつれて、人生の幸福と幸運がどんどん開けてくるから…。」
中村天風(天風会創設者)


すごい人です、中村天風。Wikipediaの履歴を読んだだけでも、これは映画のシナリオになるなあと映像が浮かんできます。彼のことは今まで知りませんでした。出身地を見て驚きました。なんと私の友人の親戚に当たる人なんですね。

「父祐興は旧柳川藩士で、中村家は柳川藩藩主である立花家と遠縁にあたる。」ということで友人は立花家の人であります。

その彼女、たまに福にきてお店を手伝ってくれています。

というわけで、とてもご縁を感じる方です。

彼に師事した著名人です。
宇野千代
東郷平八郎
原敬
松下幸之助
藤平光一
尾崎行雄
稲盛和夫

以下彼の哲学を他サイトから引用します。

いいこといってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天風哲学の概念

 人生のすべてのできごとは、すべて自分のこころがつくりだしている。「目にふれる一切合財はすべて人間の心の思考から生みだされている」その人が「強く思ったことは必ず現実化する」「自分の現在の姿は自分の心がつくりだしたものである」豊かさも貧乏も、健康も不健康も、すべて自分が思ったとうりになっている。
「人生苦もありゃ楽もある」と考える人は、その通りの人生を送るし、 「人生ろくなことしかない」と考える人は、実際に悲惨な一生を送る。 人生が二度ない以上、「人生は楽しく過ごすもの」と強く思考せよと言い切る。「この世は苦しいものでも悩ましいものでもない。本質的に楽しい、うれしい、そして調和した美しい世界なのである」

「宇宙の造物主は、もともと人間を強く幸福に生きるように造った」 「人間の力でどうしようもない運命はそう沢山あるものではない」。 そもそも「蒔いたとおりに、花が咲く」つまり「人生は心ひとつのおきどころ。思い方考え方で人生の一切をよくもし悪くもする」 「こころに犬小屋みたいな設計を描いて広壮な邸宅などできるはずがない」

「ぐんと勢いよく生きていけ。毎日これでもか、これでもかという勢いで生きていくんだ」「心が積極化されていれば、そう努力しなくても苦労しなくても幸福になれるように、人間はできているんだ」

 天風先生はものの考え方だけでなく、「幸福に楽しくなる具体的な方法」を説きました。そしてこれを実現するための基本的な訓練として心身統一法があります。


ソース:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3860/biografias/tempu.html

2008年01月17日(木) 22:18
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://yukiteru.dtiblog.com/tb.php/43-5ceb1a4a

 | HOME | 

Copyright(C)2017 幸福道 Allrights reserved.
Designed by たじ. 福岡で出会う