口福料理店”福”の管理人が探る幸せになるための技術!
幸せだと気がつくことの難しさ
「コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない。」
 ドストエフスキー

さすが、文豪ドストエフスキーさま。まったくその通りですね。なんでもそうかもしれませんが、幸福も成功もそれを探求するプロセスそのものにあるんだと思います。こう考えると、幸せになろうとする人は皆、気がついていないけれど、幸せだということですね。ということは”幸せとは自分が幸せであると気がつくこと”ということができるかもしれません。

今日の迷言
幸せとは自分が幸せであると気がつくこと



”前菜の5種盛り”も幸せ!

2007年11月30日(金) 13:25
廻りの笑顔は自分の笑顔
先日ご紹介した福のデザイナー、三村さんから「幸せになる秘訣は?」の答えをいただいたのでご紹介します。

以下三村さんからのメールを抜粋 ーーーーーーー
まぁ私の心がけとしては
「廻りの笑顔は自分の笑顔」ってことでしょうか?
幸せのリインカーネーションって感じ?(笑)

あとはなんでもポジティブに考えるってこと?
否定形ではなく肯定形で。
例えば、やせるために「カロリーの高いものを食べない」ではなく
「カロリーの低いものを食べる」って感じ?(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は自分のためよりも他人が嬉しそうで笑ってくれていることに、より深い喜びを感じる動物だと、わたしも思います。

2007年11月28日(水) 16:32
本当に幸せな人は?
めっきりクリスマスらしくなってきました。
真っ赤なポインセチアが店頭に並びはじめ、街は一気にクリスマスモードに突入。それにしてもなぜこんな南国の花がクリスマスに出回るようになったのでしょう?

原産国のメキシコでは「聖夜の最初の花」として次のようなお話が伝わっています。あるクリスマスイブに、キリストに捧げ物をしようとした子どもがいました。けれども、何も捧げられる物がありません。そこで、道端の草を摘んで捧げることにしました。その子は、「愛がこもっていれば、どんな物でも神さまの目にかなう」と聞かされていたのです。教会に草を持っていった時、奇跡が起こりました。道端の雑草に、赤と緑の花が咲きました。この草がポインセチアだ、と言い伝えられています。
 また、ポインセチアは、その形からよくベツレヘムの星に見立てられます。ベツレヘムの星が地上を照らしたとき、地面からその星の美しさを写した花が生まれました。その花は星の形をし、白い花びらをして、星の中心は金色に輝いていました。十字架でイエスがその生涯を閉じた時、この白い花びらは赤く色を変えました。それはイエスの血をあらわし、白く残った部分はその犠牲の純潔さをあらわすそうです。




ところで
幸せになるよい格言を見つけたので紹介します。

「本当に幸せな人とは、奉仕する方法を探し求め、ついにそれを見つけた人のことである」
アルベルト・シュバイツアー

幸福の格言をご存知の方は是非投稿してください。

2007年11月27日(火) 13:44
今日は女二人でゆっくり話そう!



広告代理店の女性プロデューサー、岩谷香さんがいらっしゃいました。今日は女性二人でなにやら積もる話があるそうです。岩谷さんはとても優秀なプランナー兼、プロデューサーでいつも、いろんな方々といらっしゃいます。お話の合間にインタビュー。
私「幸せになるための秘密は?」
岩谷さん「うーーん。それは絶対、自分に素直になることですよ」。
なるほど、たしかに、自分に素直だということはストレスもたまらない、そして、本当にやりたいことも見つかるし、それをやり続けることで幸せになれますね。と私。

一緒にいらっしゃった、吉村律子さんにも同じ質問をぶつけました。
「・・・・・、他人に依存することですね」。なんとも、意味深なお言葉でしたが、理由を聞いてみて納得。「私は、困った時に他の方々に拾って、いや救っていただくことが多かったんです。そういった関係を大切にするというか・・・」




今日はよい、方法をいただきありがとうございました。

2007年11月27日(火) 11:37
コミュニケーションの達人



今日から福に来ていただいた幸せそうな方々に、幸せになる方法(秘密)をうかがっていきます。

栄えある、第一弾は初来店の河内理恵さんからいただきました。

”幸せになる秘訣”なんだと思いますか?
「笑うことかな」「笑うと目尻の下にある顔の筋肉が脳を刺激して、ドーパミンが放出されるので本当に幸せな気持ちになってくる。そうすると、周りにも伝染して幸せなコミュニケーションが生まれるんです。だから無理してでも笑ってみるといいですよ」

名刺をみると”あいさつコンサルタント”とある。
「人と人の関係を円滑にし、創造的にしていくための様々なコミュニケーション技法をお届けする仕事です」「具体的には講演会、コーチング講座、モチベーション講座などいろいろとありますね」。

気持ちの良い笑顔で見つめられると、つい話がしたくなる。そんな気にさせる、コミュニケーションの達人でした。それにしてもコーチのお仕事をしている方が河内(こうち)さんというのも不思議な偶然を感じます。今後はその辺も教えてくださ〜い。
また入らしてくださいね。
河内さんのホームページ
2007年11月22日(木) 11:02
本が大変だよ!



昨夜は、11時30分PMあたりに、久しぶりのお客さまがいらっしゃいました。エッセイストの岡村伸彦さんです。てっきりフランスに出張されていると思っていたのですが、実は、出版予定の本”ワインの基本”(仮)の執筆がなかなかはかどらなくて自宅にこもってらっしゃったとのこと。

岡村さんは「ワインをさかなに人生をもっと楽しむ」というテーマの本を何冊も出版されています。とてもワイン周りにお詳しいので、いつもいらっしゃるのが楽しみな方です。

岡村さんの本

今度、岡村さんのワインパーティでもやりたいですね。よし、企画しよう!
2007年11月22日(木) 10:45
牧場の桜



福は宮崎焼酎が得意です。というのも宮崎にたくさんの親戚がいるから。季節の野菜から、フルーツまで色んなものが送られてきます。お勧めはラッキョウですね!

そんな福の焼酎ソムリエN氏がお勧めするのが、”牧場の桜”。これはまさに焼酎界の宝。「まこて、うめしたまらん!」宮崎弁で失礼。

実はこの焼酎、宮崎は小林の牧場の桜という、
まっこときれいな場所に由来します。

いかうんちく!
「明治33年創業(小林市細野)に蔵を構え地元に愛さ れる焼酎を目指し近くの牧場の桜( 旧軍馬櫻)の名 前にあやかり『櫻』と代表銘柄を名付けられ、この度、以前使 われていた『櫻』のラベルを引用し復刻版として生駒高原酒造より『牧場の櫻』で再復活したものです」

とてもレアなのでゼヒゼヒお試しあれ。

N氏は「焼酎のコアントロー」と表現しています。ほんまにうまかよ!

2007年11月21日(水) 18:01
スタッフ 大募集!
福はいろんなジャンルの方々が集まる、とてもきさくであたたかいお店です。
福では一緒に福を盛り上げていくホールスタッフ
そして
和ベースで創作料理を創るシェフを募集中です。

性別、年齢不当

われと思わんかたわ是非一度お問い合わせください。

電話:03-5562-2929
担当:山口
2007年11月20日(火) 16:50
福のデザイナー




昨日は建築家の三村大介さんが友人と登場。なかなかのセンスのアイデアマンで、この店も実は彼のデザイン。会社名はmaro planning 。実は、先日『たけしの誰でもピカソ』に出演されたそうな。詳細は三村サンチのホームページを見てね。

昨日は御自身のブログを創る話題で盛り上がりました。テーマはいろいろでてましたけど"LOVE DESIGN"あたりがで決まりだそうですね。ほんの企画もでてました。ブログをやることでどんなメリットがうまれてくるか、ブログをやることで人がどう変われるかをテーマにしたら面白いというもの。動展開していくか、こちらも楽しみですね。このブログでも追いかけていきたいと思います。

写真の料理は”青身だいこんのみそ添え”です。

2007年11月20日(火) 16:44
あったかおもてなし料理 福(fuku) 溜池
パートナー募集中!


こんにちは。溜池の福のブログ”幸福道”の管理人です。オープンからかれこれ3年目を向え、お店の名前とコンセプトにふさわしく、幸せになるための技術、いらっしゃるおもしろい方々の幸福論、そして季節お勧めのおもてなし料理、その他由無しごとをつれづれにご紹介していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて、店内はこんな感じで、カウンターが8席、テーブル席が20席程度のこじんまりした、隠れ家風のお店です。料理は和ベースの創作料理です。





場所は:〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-14 赤坂協和ビル1F
電話は:03-5562ー2929 (こころにふくふく)

べべベン! では”幸福道”の始まりです! 
2007年11月20日(火) 12:52

 | HOME | 

Copyright(C)2007 幸福道 Allrights reserved.
Designed by たじ. 福岡で出会う